いぼは治療で綺麗に治る【治療法の選択も重要】

人の目を気にしない肌に

女性

どんな施術を受けられるの

身体のあらゆるところにでき、痛みがなくても気になってしまういぼ。腕や首など常に見える部分にあると人の目線も気になってしまいます。そういったときに、美容クリニックでいぼを治療するという選択肢があります。治療すると言っても、どういった方法があるのでしょうか。よく行われている治療法は液体窒素を使ったものです。凍結療法、冷凍凝固療法などと呼ばれています。この治療は、マイナス200度ほどの液体窒素を綿棒などに染み込ませ、いぼを冷やすことで低音やけどの状態にし、皮膚表面の細胞を壊死させ新しい皮膚の再生を促すという方法です。一度だけでは取り除けないため、1週間から2週間おきに通う必要があります。徐々に戻っていきますが、治療後に内出血や水ぶくれになることがあり、痛みを感じることもあるので、そういったことを含めて負担が少ないように行われます。また、レーザーで焼いてしまう方法も多くされています。他にも、硬さのあるいぼの場合は貼り薬でやわらかくして剥がれやすくしたり、硝酸銀という外用薬を塗ってカサブタのようにして取ったりする方法もあります。こういった方法を試してみても効果がない場合は、メスで切り取るなどの手術をすることもできます。初めて治療を受ける人ならクリニックに行ってから、どういった流れでいぼの治療が行われるのかわからなくて不安に感じることでしょう。クリニックに行ってからは、どのような流れなのでしょうか。いきなりだと行きにくいという方もいるかもしれません。そういったときは、クリニックに行く前に電話やメールで相談できる場合があるので、そういったサービスを利用しましょう。クリニックに行ってからまず行われるのが問診です。ここで、どこにあるいぼを治療するのか、どういった方法が適切か、その方法はどのようなものかなど、具体的な話ができます。患部に痕ができたりしないか、痛みは強いのかなどの不安があればここで確認します。その後に施術に移ります。方法によっては局所麻酔などが必要な場合もありますし、いぼの種類や大きさによって時間も変わってきます。施術後は、テープなどを貼って帰ることができます。腫れや内出血などが起こることも考えられますが、ほとんどは徐々に治ります。後日、いぼの状態を確認してもらうためクリニックへ行きます。繰り返し行う治療法だと、ここでまた施術を受けるということになります。

Copyright© 2018 いぼは治療で綺麗に治る【治療法の選択も重要】 All Rights Reserved.