いぼは治療で綺麗に治る【治療法の選択も重要】

効果の高い方法

看護師

種類と特徴を知る

身体にできるいぼの治療方法のひとつにレーザーを使用した方法が挙げられます。使用するレーザーには種類があり、いぼの種類や大きさ、患者の肌の状態などにより使い分けています。代表的なものが炭酸ガスレーザーです。炭酸ガスレーザーのエネルギーは皮膚組織の水分に吸収されやすい性質があり、それにより、組織を蒸散させることができます。皮膚組織への傷が最小限で済むことがメリットです。大きさなどにもよりますが、治療の際には局所麻酔を行うので痛みはほとんど感じません。もう一つのレーザーの種類はジェネシスレーザーです。いぼは体内の血管から栄養をもらっています。ジェネシスレーザーはこのいぼにつながる血管に対して照射することでダメージを与えます。治療における痛みはほとんどないことから麻酔をせずに受けることができます。二週間程度の間隔ごとに照射する必要があります。いずれの方法についても料金はいぼの大きさによって変わることから、事前に確認しておくことが大事なことであると言えます。いぼは誰でもできる可能性があるもので、治療方法もさまざまなものがあります。一般的には液体窒素を使用した方法が第一選択肢となります。しかしながら足の裏にできるものなどに対しては効果がないケースもあります。そのような場合には治療方法を変更することが大事です。いぼはそのままにしておくとどんどん大きくなるものや、数が増えていくものなど、さまざまです。早めに対処することで身体への負担も最小限に治すことができます。治療するときには医師にあらかじめ治療プランについて確認しておくことが大事です。つまり、ひとつの方法で効果がない場合に、どのようにしていくかまで最初の段階で説明があれば安心することができます。多くの場合、液体窒素で効果がないケースではレーザー照射が行われます。ただ、目立つ部位では跡が残る可能性もあるので慎重になる必要があります。また、保険適用外となるケースもあるので、医師からの説明をしっかりと聞いて理解しておくことが大事なことであると言えます。

Copyright© 2018 いぼは治療で綺麗に治る【治療法の選択も重要】 All Rights Reserved.